空き家を活用した美容室

公開


美容師の人たちの中には自分の技術やセンスを生かした自分の美容室を持ちたいと思う人も多いように思います。

特に、お客様のヘアスタイルに関するコンプレックスや要望に応えるため、日々勉強し、
技術を研さんしている人ほど独立して美容室を持ちたいという欲求は強いのではないでしょうか。

ここでは、「空き家」を活用した美容室の開業について解説します。

1. 居抜きの美容室物件を利用する

以前から美容室を経営されていた店舗を居抜きで借りることができれば開業資金を安く抑えることができます。

ある程度、必要な設備は揃っていますので、内装をリニューアルするだけですぐに開業することができます。

中でも一番敷居が低いのは、賃貸を前提とした「居抜き物件」でしょう。
こうした物件では、すでに家賃の中に設備の使用料が含まれていることが多いです。
ただ、所有権はあくまでも物件のオーナーにあることから、勝手に借主の判断で修理・撤去することはできませんし、
改装にはオーナーからの承諾が必要となります。

「居抜き物件」は上手に活用できればかなりのメリットはあると言えますが、
設備や内装を自分の思うように出来なかったりする場合があるので悩ましい部分があります。


2.用途変更で開業資金を節約

居抜きの美容室物件が見つからない場合は、用途変更という選択肢があります。

用途変更とは別の用途で使っていた建物を美容室として使うことです。
内装や設備を美容室用にリニューアルするだけで可能な場合もありますが、法律的な手続きが必要な場合もあります。

この方法でしたら、美容室として使われていたテナントでなくても可能なのでテナント探しの選択肢がずいぶんと広がります。
但し、法律上の用途変更の手続きが必要な場合は建築士に依頼する必要があります。


3.美容室兼用住宅で建設費を節約する

美容室兼住宅を建てることで建設費用を節約することもできます。
別々に建てるよりも開業費用を節約することができます。

美容室の集客には店舗のデザインも重要なので、できるだけ建築家に設計を依頼することをオススメします。

4.「空き家バンク」と美容室

もし、田舎で美容室を開業したいのであれば、「空き家バンク」で物件を探すのも一つの方法です。

「空き家バンク」では、所有者と空き家を利用したい方とのマッチングをおこなっています。
空き家を活用して、移住、ユーターンによる定住を促進し、地域の活性化をはかっていこうとするものです。

この「空き家バンク」を利用して美容室を開業してしまうということもできるのです。
美容室の開業は、美容室テナントにこだわる必要はありません。

空き家の古さを活かした、個性的なレトロな雰囲気のある美容室もできるのです。





空き家なうでは今後も空き家に関する情報、体験談をアップしていきます。
どうぞお楽しみに。

●空き家オーナー様必見!空き家見廻り隊●

空き家を持っているが、場所が遠くてどうなっているか心配。
実家を相続したが、草ボーボーだとご近所の目が…
無人の実家の郵便受けがいっぱいだと、放火されそうで怖い。
など空き家の所有者として心配事はたくさんあります。

そんな悩みの解決にナビットの「空家見廻り隊」をご利用ください!

詳しくはコチラ

あわせて読みたい