定額全国住み放題~広がる住まいのサブスクリプション~

公開


最近「空き家」をめぐる話題で「サブスクリプション」という言葉がよく登場します。

英語の「Subscription」には予約とか購読、加入といった意味がありますが、
一般にサブスクリプション・ビジネスという場合、モノを直接買うのではなく「利用権に対して期間に応じ一定額を払う」、
つまり定額制サービスのことを言います。略して「サブスク」とも言われ、あらゆる業種に広がっています。

2019年1月に、「一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会」(略称・サブスク振興会)が発足し、
12月に行われた「サブスクリプションビジネス大賞2019」表彰式で、
(株)トラーナの「トイサブ!」がグランプリを獲得しています。月額3,340円で、子どもの成長・年齢に合わせてオモチャや知育玩具を隔月で届けるサービスです。

このほか、月額16,000円で400の美容室に通い放題という美容のサブスク「MEZON」、月額5,800円で750種類のカメラ機材が使い放題の「GooPass」などが入賞しています。

前書きが長くなりましたが、空き家などを活用したサブスクの例を紹介しましょう。


1. ADDress

地方の立地のよい空き家や別荘などの遊休物件をリノベーションして、定額全国住み放題のサービスを4月から始めたのが、
(株)アドレス(東京都千代田区)の「ADDress」。

キャッチフレーズは「いつもの場所がいくつもある、という生き方」。
月4万円で45拠点(2019年末・予定)の鍵つき個室を借りることができます。
契約者だけでなく、契約者と同伴なら一親等の親族、小学生・12歳以下の孫、固定のパートナー一人が追加料金なし。
電気・ガス・水道・ネット回線料も月額料金に含まれています。

ADDressでは、地域住民の「家守」(やもり)が管理者として担当、地域との交流やローカル体験、
情報提供などの役割を担います。

利用者としてはリモートワークのフリーランサー、週末を過ごす家族、定年後に地方をめぐる夫婦などを想定しており、
順次拠点を拡大していく方針です。

なお、ADDressはクラウドファンディングを実施して、目標200万円に対し1,266万円を集め、
サブスクへの関心の高さを示しました。

ADDressは10月にはANA、JR東日本などと提携、「住まい+移動社会」の実現を目指すと発表しました。
来年から始めるANAサブスクでは、「4万円の住み放題+飛行機2往復」プランが6万円から計画されています。



2. XROSS HOUSE

(株)クロスハウス(東京都渋谷区)の「XROSS HOUSE」も空き室を活用したサブスク。

ドミトリー、個室、セミプライベート、家具つきアパートメントの4種類、部屋のタイプごとに料金を設定して、
何度でも無料で移動できるサービスを提供しています。

10月に大阪支社を開設、空き家を積極的に借り上げて拠点拡大に乗り出しました。


3. HafH

(株)KabuK Style(長崎市)の「HafH」(ハフ)は、「世界を旅して歩く」をキャッチフレーズにする、
世界規模のサブスク型住居サービス。拠点は現在約200。

第2の住まいColiving(コリビング)、旅して働くTraveling(トラベリング)、出会いと学びのCoworking(コワーキング)の定額3プランを用意しています。

料金は、「おためしHafH」が月2日までで3,000円。

「ちょっとHafH」(5日まで・16,000円)、「ときどきHafH」(10日まで・32,000円)、「いつもHafH」(1ヵ月・82,000円)。同社もクラウドファンディングを実施して、目標200万円に対し1,087万円の賛同を得ています。


4.OYO LIFE

ヤフーとインドのOYO(オヨ)社が2月に設立した合弁会社OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPANが始めた「OYO LIFE」。

スマホで物件探しから入居、退去までの全てがワンストップでできるアパートメントサービスが売り。
家具・家電つき、敷金・礼金・仲介料もかかりません。

住宅サブスクサービスについて、いくつか例を紹介しましたが、矢野経済研究所の調査によると、
住居など8分野のサブスク市場の規模は2018年で5,627億円。

これが2023年には8,623億円に膨らむと予測されています。
昨年から今年にかけて注目され始めたサブスク住宅。
成長の伸びしろは大きいと言えるでしょう。

空き家なうでは今後も空き家に関する情報、体験談をアップしていきます。
どうぞお楽しみに。

●空き家オーナー様必見!空き家見廻り隊●

空き家を持っているが、場所が遠くてどうなっているか心配。
実家を相続したが、草ボーボーだとご近所の目が…
無人の実家の郵便受けがいっぱいだと、放火されそうで怖い。
など空き家の所有者として心配事はたくさんあります。

そんな悩みの解決にナビットの「空家見廻り隊」をご利用ください!

詳しくはコチラ

あわせて読みたい