空き家ビジネスがSDGsを実現する

公開


1. 空き家とビジネスチャンス

空き家がビジネスにつながるケースについてはいくつかのパターンが考えられます。

① 空き家の維持管理
② 空き家を不動産取引市場に出す仲介業務
③ 空き家をリノベーションして宿泊施設やシェアオフィス、シェアハウスとする。

まず、①の空き家になってしまった家の維持管理ですが、このケースは相続直後のオーナーが住人のいなくなった家をどうするか方針が定まらないまま放置できず、維持管理を業者に委託する場合に成立する管理ビジネスという位置づけになるでしょう。

つぎの②空き家を不動産取引市場で仲介するビジネス。
従来型の不動産ビジネスですが、いまどきなのはDIY賃貸でしょうか。
中古不動産の仲介ビジネスでシェアを広げているカリアゲJAPANは、単に原状回復ではなくグレードアップして再販することで、成功している事例として複数のメディアで紹介されています。

最後の③空き家をリノベーションして宿泊施設とした成功例は、様々なグレードの住宅を宿泊施設として利用できるよう世界的なネットワークを構築したAir bnbでしょう。
既存のホテル業界を脅かす存在として注目を浴びています。
シェアオフィスやシェアハウスとしての活用例も多く、当サイトでも複数の事例が紹介されています。



2. 社会課題解決のための空き家ビジネス

③の事例、空き家をリノベーションしてシェアハウスとするビジネスの中で、社会課題の解決のために空き家を活用する「シングルマザーのためのシェアハウス」が注目されています。

ここ数年社会的な問題としてメディアにも繰り返し取り上げられている「子供の貧困」「ジェンダー格差」の解決につながる空き家活用ビジネスの好事例です。
社会課題の解決にビジネスチャンスを見出したケースについてみていきたいと思います。


3. ひとり親家庭の現状

まずは、この問題を考える前提として知っておきたいのはひとり親家庭の現状です。
ひとり親、DV被害者の住生活問題、シェアハウスに関する諸問題の研究者、葛西リサ氏は、人と住まい文庫「シングルマザー向けシェアハウスの多様なカタチ」の中で、母子世帯の8割が離婚によるものですが、仕事も貯蓄もなく、保証人もいない状態であること。

さらには、育児負担も抱えており、就業へのハードルも高い現実があると言及しています。
一方で、事業者側には、空室を抱えたくないという事情があり、住宅に社会的に求められる条件や機能が備わっていれば、価値が落ちることはないーここに空き家活用に新たなビジネスチャンスを見出したということが述べられています。


4. ペアレンティングホーム

日本で最初のシングルマザー専用シェアハウス「ペアレンティングホーム高津」は子育てと仕事を両立できる社会の実現のための新しい選択肢として企画したものです。

一級建築事務所 秋山立花の秋山氏はこのコンセプトの下、単に居室を提供するだけではなくシングルマザー家庭への支援や産後ケアにも取り組んでいます。
そこには建築家としての家づくりはもちろん、同時に社会課題を解決していきたいという熱い思いがあります。

その後全国に広がったシングルマザーのシェアハウスの多くは、このPH高津のコンセプトを参考にしていると言います。


5. ぐるぐるそだつながや シングルマザー向けシェアハウス ideau

大阪市平野区に築50年の長屋をリノベーションしたシングルマザー向けシェアハウスがあります。
六棟長屋の3棟を5世帯向けのシングルマザー、3棟をファミリー向けに改修し、2019年7月にオープンしました。

さらに向かいにある4連棟長屋の一部分を地域のコモンスペースとしてリノベーションし「ぐるぐるそだつながや」と命名しました。
葛西リサさんのブログで紹介されている経緯から見えてくるのは、オーナーの綿谷さんの「空き家を『人が交流する場』として再生し、地域を活性化させたい」という強い思いです。

かつて賑やかだった商店街を懐かしく思いつつ、今社会にある課題に向き合い解決の道筋を求めた時、空き家再生セミナーで同じ思いを持った仲間との出会いがあったそうです。
新たな投資が必要になったとしても、地域の活性化に役立つ場を作りたいと。
今ではコモンスペースも様々な活動に利用され、文字通り「ぐるぐるそだつながや」となっているそうです。

社会課題解決のための空き家ビジネスは、まさに今国連が提唱しているSDGs(持続可能な開発目標)の「誰一人取り残さない」理念を実現するビジネスと言えるでしょう。





空き家なうでは今後も空き家に関する情報、体験談をアップしていきます。
どうぞお楽しみに。

●空き家オーナー様必見!空き家見廻り隊●

空き家を持っているが、場所が遠くてどうなっているか心配。
実家を相続したが、草ボーボーだとご近所の目が…
無人の実家の郵便受けがいっぱいだと、放火されそうで怖い。
など空き家の所有者として心配事はたくさんあります。

そんな悩みの解決にナビットの「空家見廻り隊」をご利用ください!

詳しくはコチラ

あわせて読みたい