空き家に関する統計データ②

公開


1. 【日本の総住宅数・空き家数・空き家率予測】(株)野村総合研究所

「平成25年住宅・土地統計調査」を基にした民間機関の調査や論文も多く発表されていますが、
よく紹介されているのが、(株)野村総合研究所(NRI)が2015年6月に発表した空き家予測です。

それによると、2033年の予測は空き家数、空き家率ともに2013年実績値の2倍以上で、
「住環境の悪化や行政コストの増大など、さまざまな問題が生じる可能性がある」と問題提起しています。

               総住宅数  空き家数 空き家率

・2013年 6062万戸 820万戸 13.5%  実績値

・2018年 6365      1075       16.9    以下予測

・2023年  6637      1394       21.0

・2028年  6884      1757       25.5

・2033年  7106      2146       30.2

https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2015/150615_1.pdf

また、同研究所は2017年6月に「2030年の住宅市場」と題したレポートを発表し、
「空き家率の抑制に向けて、早急な仕組みづくりが必要」として、具体的な提言を行っています。 

https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/knowledge/report/cc/mediaforum/2017/forum254.pdf?la=ja-JP&hash=3E71F4A816EE5B6DF9AB4134CEE5B68C3C055F3B



2. 【平成25年住宅・土地統計調査~山梨県の概要~】

神奈川県葉山町にある「空き家レンジャー」は、空き家を目的を持って改装し、
新しい形で再利用しようと活動しているボランティアです。

「平成25年住宅・土地統計調査」で空き家率全国1位は山梨県でした。

・総住宅数は42万2100戸、総世帯数を9万4200戸上回る。

・空き家率は5年前の20.3%を1.7ポイント上回、22.0%と全国1位で過去最高。

・一戸建ての割合は71.2%で全国平均(54.9%)に比べかなり高い。

・高齢者のいる世帯は44.9%(全国平均40.0%)

https://www.pref.yamanashi.jp/toukei_2/HP/DATA/25jutaku.pdf


3. 【平成25年住宅・土地統計調査~宮城県の概要~】

空き家率が最も低かったのは宮城県でした。

・総住宅数は103万4100戸、総世帯数を9万8600戸上回った。

・空き家率は5年前に比べ4.3㌽減の9.4%となった。

・一戸建ては住宅全体の55.4%、共同住宅が41.5%。

http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/283008.pdf






空き家なうでは今後も空き家に関する情報、体験談をアップしていきます。
どうぞお楽しみに。

●空き家オーナー様必見!空き家見廻り隊●

空き家を持っているが、場所が遠くてどうなっているか心配。
実家を相続したが、草ボーボーだとご近所の目が…
無人の実家の郵便受けがいっぱいだと、放火されそうで怖い。
など空き家の所有者として心配事はたくさんあります。

そんな悩みの解決にナビットの「空家見廻り隊」をご利用ください!

詳しくはコチラ

あわせて読みたい