空き家と景観悪化

公開

空き家・空地は、放置周辺環境に大きな悪影響を及ぼします。

空き家を放置していることで生じるトラブルの一つとして、景観の悪化があげられます。
このページでは、景観の悪化の問題や対策についてご紹介します。


1. 景観悪化の原因とその影響

景観悪化の原因は、家の管理を適切に行っていないことにあり、放置が続くことで、建物の老朽化が進み、雑草が高く伸びてしまう状態にしてしまいます。

景観上良くないだけではなく、不法投棄や害虫・害獣の繁殖の原因となってしまいます。

また、このような被害があった場合に適切な対応を取らず放置してしまうと、さらなる事態の悪化が予想されます。



2. 空き家・空地の放置が続くと

空き家・空地が適切に管理できていない場合、通風・換気されていない家屋は老朽化が早まり、空地は庭の草木が 伸び放題となります。

また、害虫(蚊、マイマイガ、アメリカシロヒトリなど)が大量発生する可能性があります。

空き家への不法侵入の危険性が増すことになり、未成年者のたまり場化を招き、不審火による火災の可能性が増大し、不法投棄のターゲット場所となりやすくなります。
なお、ゴミ撤去費用は驚くほど高額になる場合があります。


3. 不動産価格への影響

空き家や空地はその周辺の不動産価格にも影響する場合があります。

今にも崩れそうな空き家が隣に建っていた場合、何千万円ものお金を出して空き家の隣の家を購入する人はいないように思います。

おそらく、環境の整っている空き家・空地よりも、割安な価格での取引となってしまうでしょう。


4. 特定空家

2015年5月26日に施行された「空家等対策特別措置法」により、行政は適切な管理がなされておらず、著しく周辺環境に悪影響を及ぼす「空き家」に対し、「特定空家」として指定することができるようになっています。

特定空家に指定されてしまうと、土地にかかる固定資産税の優遇措置が適用されなくなり、固定資産税額はおおよそ更地状態と同等の最大6倍となる場合があります。

さらに自治体からの「命令」に応じずに違反となった場合、最大50万円以下の過料が科せられます。

「空家等対策特別措置法」では、『特定空家等とは、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態、その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空家等をいう』とされています。


5. 景観悪化に対する管理の必要性

どのように管理すれば景観悪化の原因とならずに済むのでしょうか。

それは「外観を綺麗に保つ」ことです。
非常に単純なことですが、そうすることで建物を犯罪者や犯罪行為からも守ることができます。

米国の心理学者ジョージ=ケリングが提唱した「割れ窓理論(ブロークンウィンドウズ理論)」というものがあります。

窓ガラスを割れたままにしておくと、その建物は十分に管理されていないと思われ、気軽にゴミを捨てる人が増えます。
やがて地域の環境が悪化し、凶悪な犯罪が多発するようになる、という犯罪理論です。米国ニューヨーク市ではジュリアーニ市長(在任1994~2001年)がこの理論を応用し、地下鉄の落書きなどを徹底的に取り締まった結果、殺人・強盗などの犯罪が大幅に減少し、治安回復に劇的な成果をあげた、という結果が出ています。

このことからも、「外観を綺麗に保つ」ことがいかに重要なことかわかります。

「外観を綺麗に保つ」対策としては、

  1. 定期的に雑草処理やクリーニング、ポストの郵便物の処理を行う
  2. 通気・換気を行い、建物の老朽化を防ぐ
  3. 管理者をはっきりさせて連絡体制を確立しておく
  4. 問題が発生した場合は早期発見と迅速な対応を徹底させる

があげられます。

空き家なうでは今後も空き家に関する情報、体験談をアップしていきます。
どうぞお楽しみに。

●空き家オーナー様必見!空き家見廻り隊●

空き家を持っているが、場所が遠くてどうなっているか心配。
実家を相続したが、草ボーボーだとご近所の目が…
無人の実家の郵便受けがいっぱいだと、放火されそうで怖い。
など空き家の所有者として心配事はたくさんあります。

そんな悩みの解決にナビットの「空家見廻り隊」をご利用ください!

詳しくはコチラ

あわせて読みたい